サイレンサーってどんなもの

サイレンサーとは、車のエンジンが駆動する際に排気ガスが外部へ排出される際に発生する音や、吸気管へと空気が吸い込まれる音を低減する装置のことです。自動車においては排気音を軽減するものについては、一般的にはマフラーと呼んでいます。消音装置はラジコンや耕運機のような小型のものから、発電機や大型の船などの大きなエンジンまで、幅広い用途のエンジンに取り付けられています。自動車は公道を走る物については大多数の国で騒音についての法律が定められており、公道を走行しない競技用の自動車についても騒音レベルへの一定の規定が設けられています。そのため、自動車のエンジンは静かであることを強く求められるので、騒音を軽減する消音装置が付けられています。消音装置はヘルムホルツの共鳴器や拡張室を利用したものであることが大半です。ヘルムホルツの共鳴器を利用したものはレゾネーターとも呼ばれ、吸機管の途中にある枝管と共鳴を起こすことによって生じる音と騒音を打ち消し合う仕組みのものです。枝管は首部と空洞になっている部分でできており、首部の長さや断面の面積、そして空洞になっている部分の容積によって打ち消し合う騒音の周波数を決めます。

コメントは受け付けていません。